カテゴリー一覧

最近のエントリー

アーカイブ

記事検索

プロフィール

東京都世田谷区のホームページ製作会社、有限会社タロウズは親切・ていねいなサービスを心がけています。

リンク

2007年10月05日

検索連動型広告は万能?

以前のエントリーでもご紹介しましたが
ホームページへのアクセスを増やすための効果的な方法として
「オーバーチュア」や「アドワーズ」などの検索結果連動型広告があります。

例えば…

 ホームページ制作会社であるT社の広告が
 Aさんが「ホームページ 制作」と検索した際の検索結果画面に表示される。

といった具合です。

これは非常に有効な広告・マーケティングツールであり
利用したおかげで売上を大きく伸ばしたという企業も珍しくはありません。

しかしその一方で。
「全くアクセスが増えない!」という声があるかと思えば
「アクセスは増えたが全く売上につながっていない!」という声も聞こえてきます。

今回は検索連動型広告を利用するにあたって
陥りやすい落とし穴の1つについてお話します。

【そもそも検索される回数が少ない】

検索連動型広告はあらかじめ設定した「キーワード」が
Yahoo!やGoogleといった検索エンジンで検索された際に
それに連動して表示される広告です。

つまりその「キーワード」が検索されない限りは
広告が表示されることはありません。

たとえば自社の人間以外は知らない新製品(仮に「スーパータロウズ」)の
広告を出稿するにしても製品名の「スーパータロウズ」というキーワードは
ほとんど意味がありません。
なぜなら「スーパータロウズ」と検索される可能性がそもそも非常に低いから。

これは特に専門的な製品・サービスを取り扱う企業が陥りやすい事態です。

その製品・サービス・分野に関する情報を
インターネットで探している人が絶対的に少ないという場合には
検索連動型広告を導入しても思うような効果は上がりにくいと言えるでしょう。

残念ながら決して万能ではないということですね。
検索連動型広告に関する別の落とし穴についてもまたの機会にお話します。

カテゴリー: SEM・SEO
投稿者: タロウ | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)

---

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.practicalweb.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/13

コメント

21

45

x5 bmw gh

schulferien 2009 504

コメントを投稿

名前:

メールアドレス:

URL:



コメント:

« サーバーの用意は慎重に | トップページ| 続:検索連動型広告は万能? »