カテゴリー一覧

最近のエントリー

アーカイブ

記事検索

プロフィール

東京都世田谷区のホームページ製作会社、有限会社タロウズは親切・ていねいなサービスを心がけています。

リンク

2008年11月のエントリー一覧

2008年11月28日

近すぎるのも考えモノ。

今回は真面目なWeb担当者の方ほど陥りやすい落とし穴についてのお話です。
 
 
突然ですが皆さんの会社のホームページを
最も多く見ているのは誰でしょう?

それは多くの場合
ホームページの運用を担当している社内の人間です。

「確かに自分が一番見ているなあ」と
思い当たる方も多いのではないでしょうか。

少しでも効果のあがるホームページにしようと
日々考えているWeb担当者さんほど
自社サイトを何度も何度も隅々まで見ているものですよね。


しかし。
そんな方こそ陥りやすい落とし穴があります。

それは必要以上に見慣れてしまうということ。

ホームページを訪れてくれるユーザーやお客さんは
まず間違いなくWeb担当者ほどにはそのサイトを見てはいません。
閲覧回数も少なく1回当りの滞在時間も短いのが常です。
 

カテゴリー: 全般
投稿者: タロウ | 固定リンク | コメント (11) | トラックバック (0)

---

2008年11月21日

○○○な方にぴったり!


今回も前回前々回と同じく
自社のホームページで商品やサービスを紹介する場合の
キャッチコピーやPR文についてちょっとしたテクニックをご紹介します。

状況もこれまでと同じで
自社で取り扱っている商品が多数ある場合に
よりお客さんに有効なアピールをすることを狙います。

多くのお客さんは買い物をする時に迷います。
最初からどの商品を買うかはっきり決まっている人よりも
「どれにしようかな?」と選んだ上で決める人の方が
ずっと多いものです。

パン屋さんには実に多くのパンが並んでいて
家電量販店には実に多くのテレビが置かれていて
ドラッグストアでは実に多くのシャンプーが売られている。

そこで目の棚を眺めながら「どれがいいのか分からない……」と
困ってしまった経験がありませんか?

ホームページでも同じです。
たくさんの種類の商品を扱う場合は注意しなくてはいけません。


今回お勧めするのは
「ターゲットや使用シーンを絞ってPRする」という方法。
たとえばこんな例はいかがでしょう。

「温かいシチューに合うのはこのパン!」
「みんなで紅白歌合戦を観るならこのTV!」
「抜け毛が気になるお父さんにはこのシャンプー!」

あえて限定した書き方をすることで
お客さんの迷いを減らすことができます。

買って欲しい商品を購入してもらえる確率を高めるために
一度試してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 原稿
投稿者: タロウ | 固定リンク | コメント (26) | トラックバック (0)

---

2008年11月14日

さあ本日のベスト3は!?

今回も前回と同じく
自社のホームページで商品やサービスを紹介する場合の
キャッチコピーやPR文についてちょっとしたテクニックをご紹介します。

状況も前回と同じで
自社で取り扱っている商品が多数ある場合に
よりお客さんに有効なアピールをすることを狙います。

多くのお客さんは買い物をする時に迷います。
最初からどの商品を買うかはっきり決まっている人よりも
「どれにしようかな?」と選んだ上で決める人の方が
ずっと多いものです。


オススメするのは「ベスト3を挙げる」という書き方。

たとえば「当店の人気商品 Best3!」などは
いろいろなお店でよく目にしますよね。

シンプルでポピュラーな手ではありますが
迷っているお客様にとっては大いに参考になる情報です。

「どれがいいか分からないから買うのをやめておこう……」

お客さんにこう思わせてしまっては売上にはつながりません。
少しでもお客さんの買い物への不安を取り除くのに
この方法は大きな威力を発揮します。


「期待の新機種 トップ3!」
「リピーター率 ベスト5!」
「周りに自慢できる トップ3!」

などいろいろな切り口が考えられると思います。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


次回もまた別のテクニックをご紹介したいと思います。


「そんなの自分で考えるのは大変!」という方は
ホームページのプロに頼んでしまうという手もありですね!

カテゴリー: 原稿
投稿者: タロウ | 固定リンク | コメント (14) | トラックバック (0)

---

2008年11月07日

あなたの選択はどっち!?

今回は自社ホームページで商品やサービスを紹介する場合の
キャッチコピーについてちょっとしたテクニックをご紹介します。

自社で取り扱っている商品が複数ある場合
どのようにお客さんにアピールをするのが効果的でしょうか。

たとえばパン屋さんが各商品に対して

「美味しいあんパンはいかが?」
「クリームパンを食べませんか?」

と個別にキャッチコピーを付けるよりも

「あんパンとクリームパン 食べたいのはどっち?」

というキャッチコピーを付ける方がより効果的です。

つまりお客さんに対して

「買う or 買わない」
「申し込む or 申し込まない」

という選択ではなく

「あんパン or クリームパン」
「1か月お手軽プラン or 年間フルサポートプラン」

という選択を(無意識に)させるということ。

初めから買うこと・申し込むことを前提とした問いかけをすることで
問われた方はつい「ん~クリームパンかなあ」などと
考えてしまうわけですね。

言葉一つで売上が変わってくるとしたら
そこに力を入れない手はありません。

次回も別のテクニックをご紹介したいと思います。

「そんなの自分で考えるのは大変!」という方は
ホームページのプロに頼んでしまうという手もありですね!

カテゴリー: 原稿
投稿者: タロウ | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

---

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »